スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出荷方法について

出荷先についてですが、これはさまざまな方法があります。
農協、直売所、ネット、スーパーなどなど・・・

現在話題になってるのは直売所、ネット、スーパーへの卸などの仲介業者を通さないやり方です。
要は手数料などの中間搾取をなくし、卸値ではなく売値で売れば儲かるということです。

ただ、どちらにせよメリットとデメリットは存在します。

・農協(市場)出荷
メリット:いつでも、何でも、いくらでも出荷可能
デメリット:手数料は高い

・直売所など
メリット:売値で売れるので、単位あたりの儲けも多い
デメリット:出荷時期と作物のマッチが必要

このほかにもここには書ききれないくらいあります。

今私が考えてるのは、農協さんなどを介した市場への出荷であり、
直売所など他の出荷については考えてません。
だってめんど(ry

いや、実際面倒なんです(´・ω・)
農業だけに集中できず、運送ならびに管理のリスクが新たにかかってくるので・・・
そのような費用や労力を考えると、やはり仲介してくれるのはありがたいです。
それに農協さんとの関係は地域の特性上絶対に必要です。
田舎なので農協さんとの結びつきがヤバイくらいありますし、
なんだかんだで融通もきくので結構ありがたいです。
去年JAの指導員さんいなければネギ枯れてました(笑)

というわけで、少量多品種ではなく、2~3種類の作物を大規模に出荷する。
その方向で今後とも頑張っていきます(`・ω・´)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

うまい野菜なら個人的に少額通販で買わせろ←

顧客のサポート(クレーム処理とか)しなくちゃいけないから直売はややリスキーだよなぁ。

No title

bobさん>うまいかどうかは保証しかねますw

ネットにせよ直売にせよ、その店がリスクとして重くのしかかってくるのが嫌なんです(´・ω・`)
農協出荷だったら、クレームが直にこっちに来るわけではないので・・・
もちろん農協さんから何かしら来たら改善しますけどね~。
プロフィール

武田何某

Author:武田何某
秋田県県南、山間地にて農業を営んでます。

【2016年作付予定】
ネギ 120アール
枝豆 70アール
米 70アール





【2012年作付予定】
米  120アール
ネギ 90アール
枝豆 10アール
ちょろぎ 1アール

【2011年作付】
米  140アール
ねぎ 30アール
枝豆 20アール
ちょろぎ 2アール

【2010年作付】
米 140アール
ねぎ 10アール
枝豆 20アール
ちょろぎ 1アール

最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
今までの訪問者
ランキング参加中
1日1回押していただければ、モチベ維持に繋がります。 応援よろしくお願いします!

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。