スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

枝豆収穫前日

枝豆に花が咲いてから約1ヶ月・・・
とうとう収穫前日となりました(`・ω・´)

収穫直前

初出荷となるのは莢音。
5月3日播種の極早生です。
特徴は背丈が低いものの、大莢で3粒が多いだったと思います♪

今日は出荷に向けて小屋の片付けと準備してました。
農協さんにも明日から出荷すると連絡したので、明日から収穫開始です。
明日から5時起きになりますが、寝坊しないようにがんばります!


ちなみに今日の新聞に載っていたのですが、秋田県産のエダマメから放射性物質は検出されませんでした。
これで安心して出荷できます。
スポンサーサイト

日照り

晴ればっかりで雨が降りません・・・
一番最後の雨はおそらく12日に降ったにわか雨だと思います。
つまり一週間以上雨が降ってない状態です。
おかげで土がカラカラに乾いて畑では土ぼこりがあがるレベルです(´・ω・`)

一応ネギ、枝豆ともに乾燥には強いみたいなので放置してます。
ただ、枝豆はもしかしたら莢のつきがわるくなるかもしれません。
ネギは今のところ成長してますが、葉先枯れがひどいですね。
でも、これに関しては燐酸が足りなかったのではないか?と推測しています。
葉先枯れがおきてない部分は堆肥が十分ある箇所なので・・・

毎日雨が降らないかと天気予報とにらめっこ・・・
そろそろ雨が降ってもらいたいところです。

・・・などと供述しておりpart2

今日も朝からネギの根元付近の草むしりをがんばってました(`・ω・´)

根元にものすごく太い雑草を発見!
せーの、よいしょお!!

ズボッ

( ゚Д゚)「あっ」

調べに対し容疑者は「雑草を抜いた時にネギも抜いてしまった。不可抗力であり、私は悪くない」
などと供述しており・・・

悔しいので、食卓に上がる前にデータとってみました。

0720 ネギ

向かって左のネギ
全長:60cm
根元~分岐点まで:19cm
軟白部:7cm
太さ:1.2cm

右のネギ
全長:57cm
根元~分岐点まで:19cm
軟白部:7cm
太さ:1.3cm

以上のような結果になりました♪
まだ土寄せを2回残しているので、この結果には満足です。
秋田県の9月の出荷規格は軟白長25cm以上となっております。
土寄せしたばっかりなので、軟白部はあまりない状態ですが、
分岐点までは既に19cmあるので、このまま成長してくれたら余裕ですね~。

なお、このネギは後でスタッフがおいしく(ry
白い部分があまりないのでちょっと硬かったですが、今年も甘いネギになりそうです♪

枝豆の花

結構前の日記にですが、莢音の花は白だけど、湯あがり娘の花は青と紹介しました。
こちらが湯あがり娘の花です。

湯上り花

うん、やっぱり青かったw
間違ってたらどうしようかと思いました・・・

全貌

現在の枝豆畑の様子です。
真ん中くらいから色が濃いのと薄いのに分かれてるのが分かりますでしょうか?
向かって左が湯あがり娘で、右が莢音です。

雑草が多い?
手入れできなかったなんて・・・言えない・・・(´・ω・`)
来年からはマルチで対策します(キリッ

高温時のネギ

暑いです・・・orz
まさか7月から猛暑だなんて誰が想像したでしょうか?
私も予想外すぎてびっくりしています。

私の地区は山間地なので比較的涼しいですが、
それでも日中は30度越えます(´・ω・`)
夜間は22~23度くらいまで下がるのが救いです。

さて、そんな猛暑ですがネギについても影響が出ます。

・ネギの成長
ネギの適温は大体20~25度くらいです。
耐寒、耐暑性を兼ね備えたネギの品種もありますが、
大体32度を超えると生育がストップするっぽいです。
これは去年の猛暑で実証済みですorz
今のところ成長しているのは夜間や早朝、夕方の気温が低いおかげだと思います。

・病気
高温になってくるとやっかいな病気である軟腐病が発生するおそれがあります。
こいつは名前のとおりネギを腐らせてしまう病気です。
発生条件は28度~32度で、ネギの傷ついた場所から進入してきます。
発病したが最後、治すことはできません(´・ω・`)
次々と感染していくので、周囲に広がらないようにするのが精一杯です。
私はオリゼメート粒剤を使用していますが、これはワクチンのようなもので。
ネギに病気に対する抵抗をつけさせる薬です。
ただ、効果が出るまで1週間くらいかかるみたいです。
まいたのが9日なので、まだ無抵抗の状態だと思います・・・

まだまだ猛暑が続くみたいなので、注意深く観察していきたいです♪

雑草との戦い

びふぉー

除草前

あふたー

除草後

こんな感じで地道に除草する日々が続いてます(´・ω・`)
雑草の量にもよりますが、一列大体30分くらいですかね・・・
おおまかな部分は終了しましたが、ネギの根元部分の除草はまだ継続中です。

これもネギのため・・・
明日もがんばります(`・ω・´)

根腐れ・・・だと・・・

突然のことですが、私には尊敬する農家さんがいます。
農業&ネギを始めるきっかけになったブログを書いています。

その農家さんのブログを見るに、
大雨&長雨&高温によりネギの根腐れが発生しているとのこと。
しかも圃場の半分とか(´・ω・)
その人の圃場は確か150aなのでおそらく60a~70aほどで発生しているのでしょう。

病気と違い、圃場の環境しだいなので、こればっかりは薬を降っても効果ないと思われます。
私の圃場と違い暗渠も装備して排水対策をしていたのにもかかわらずこんな結果になるなんて・・・

ただ、この方の圃場は排水路の容量があまりよろしくないらしく、
大雨が降ると逆流してくるとのこと。
おそらくそれによる水没が原因だとは思うのですが・・・
明渠&暗渠といえども、流す場所がなければ効果を発揮できないと思われます(´・ω・`)
こうなるともう個人の力ではなく、地域単位での取り組みがほしいレベルです。


私の圃場はどうなってるかというと・・・
同じように一部で湿害発生してます(´;ω;`)
ぱっと見たときに葉先が枯れているのがその地帯ですね。
ただ、成長はしてるし、根腐れまではいってないような・・・
明日の朝確かめてきます。

~ネギの健康状態の判断~
ネギは根に何らかのダメージがあった場合、自主的に葉先を枯らします。
葉っぱに使っていた栄養を根にあたえ、体制を立て直そうとするのです。
つまり、葉先が枯れてるということは、根っこに何か害があったときのサインかと思われます。

雑草と格闘した結果、一部のネギが葉先枯れてきましたw
ああ、やっぱり根っこ傷つけてたのか・・・(´・ω・`)

強敵出現

現在私はあるものに悩まされています。

それは・・・

雑草です!!
梅雨に突入したおかげで、すまさじい勢いで生えてきました。
ネギが雑草に隠れて見えないとかww
ここ1週間ほどずっと除草作業したおかげで、ようやく3分の2終わりましたorz
除草剤使えばいいと思われるかもしれませんが、ネギにかかったらネギ枯れます(´・ω・`)
ということで根元周辺を手作業、畝間を管理機でがんばってます。

雑草というのは本当にあなどれません。
草生えたままにしておくと、雑草に栄養分を全部もっていかれます。
農業指導員の人も「農業するからには雑草との戦いになる」と言ってました。

とはいえ、雑草も種がなければ生えてきません。
何年か除草を続けれいれば、確実に雑草は減っていきます(`・ω・´)
去年がんばって除草したネギ畑と、去年放置しっぱなしだったネギ畑とは雑草の生え具合が全然違います。

明日からまた除草作業がんばりますorz
プロフィール

武田何某

Author:武田何某
秋田県県南、山間地にて農業を営んでます。

【2016年作付予定】
ネギ 120アール
枝豆 70アール
米 70アール





【2012年作付予定】
米  120アール
ネギ 90アール
枝豆 10アール
ちょろぎ 1アール

【2011年作付】
米  140アール
ねぎ 30アール
枝豆 20アール
ちょろぎ 2アール

【2010年作付】
米 140アール
ねぎ 10アール
枝豆 20アール
ちょろぎ 1アール

最新記事
カレンダー
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
今までの訪問者
ランキング参加中
1日1回押していただければ、モチベ維持に繋がります。 応援よろしくお願いします!

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。